2016.09.29更新

税理士と顧問契約を結ぶかどうかお悩みの方の中には、
創業前後という方も少なくないでしょう。

税理士と顧問契約を結ぶと、税務社会保険関係の年間業務、消費税関係の届出書、
法人税関係の届出書、従業員の採用に伴う届出書、従業員の退職に伴う届出書など、
会社設立後の手続き業務のサポートをしてくれます。

また、運転資金がショートしないように資金繰りのアドバイスや、
資金が必要になった際の融資申請の書類作成や面談対策のサポートも致します。
さらに、会社設立後に不可欠な記帳代行や決算や法人税の申告のサポートも致します。

税務調査対策や試算表の作成のときには、
取引ごとの税務判断や節税対策などのサポートもあるからこそ、
税理士と顧問契約を結ぶメリットは大いにあると言えます。

愛知県岡崎市にある当事務所の税理士は、
数多くの創業期のお客様のサポートをしています。
本業に専念できる時間が大幅に増えるのが大きく、
専門外の事は専門家である税理士に任せる経営者の方は少なくありません。

社内に上記に関しての事をしっかり対応できる方がいれば良いものの、
そうでないというケースは非常に多いはずです。

単に事業の事だけをすれば良いというわけではなく、
税務のことも手続きをされないと、法人としての事業ではのちに問題になることがあります。
しかし、税理士と顧問契約を結ぶ事によって、問題なくスムーズに対応できますのでおすすめいたします。

投稿者: 今井真人税理士事務所

2016.09.22更新

会社設立を行う際には、節約を考えて設立手続きをご自身でされる方も多いものの、
書類作成や手続きの手間がかかって、時間のロスとなってしまう部分があります。

事業を行う為にしないといけない事も多い中での時間のロスは非常に大きいものです。
順調なスタートをする為にも、
愛知県岡崎市にある当事務所の税理士に依頼してみてはいかがでしょうか。

個人事業と法人のどちらが得であるかを相談できるのが大きいです。
これは当然その事業や将来的な事まで考えての判断となる為、
一概にどちらが良いかは言えないものです。

また、会社設立後の届出書関係も済んで手間が省けて時間を有効に使う事ができます。
そして、新規融資などのサポートも受ける事ができて、
会社設立後の事業がスムーズに進むというのも大きいです。
さらに、節税対策や税務署対策についても依頼者の方の力になります。

社内でこれらの事を対応できる人物がいれば良いものの、
当然そうでないケースも非常に多いのが事実です。
会社は設立して終わりではありません。

会社設立後の事業の事を考えても、税理士に依頼するメリットはあります。
ご相談する事では一切お金がかかる事はありません。

会社設立をするかどうかの段階でお悩みの方も、会社設立をする事は決めている方も、
まずはお気軽にご相談ください。
依頼者の方の力になれる為の経験と専門的な知識を有している税理士が対応致します。

投稿者: 今井真人税理士事務所

2016.09.15更新

起業をされる方は当然事業に関してはプロフェッショナルであるものの、
経理や事務面に関してはあまりという方が大半のはずです、

起業をしたら煩雑な仕事も多くなるもので、
そのような中でも事業に力を入れないといけないからこそ、
専門的な知識と経験がある税理士に依頼しての対応は合理的と言えます。

当然税理士に依頼して経理や事務面の対応をするとなると、
多かれ少なかれ経済的な負担はあるものです。

しかし、その分事業にしっかり専念する事ができるメリットがあります。
特に起業したての時や、社内に対応できる人材がいないのなら、
税理士に依頼して経理や事務面の対応をする事には大きな意味があります。

どういった形で税理士に依頼をするかも決める事ができます。
例えば、帳簿付け作業は自分でできるからこそ、
ほかの事を依頼するという手もあります。

当然依頼する内容によって料金は変わっていくもので、
コストを抑える事を考えるのなら、こういった手もあります。

起業後に税理士に依頼するのも一つの手ではあるものの、
早めに依頼をした方が良いケースが圧倒的に多いのが事実です。

もちろん、起業をすべきかどうかの判断をしてもらう為に税理士に相談もできます。
起業全般に関してのご相談は、愛知県岡崎市にある当事務所の税理士にしてください。
依頼するかどうかは、相談をした後に決める事ができます。

投稿者: 今井真人税理士事務所

2016.09.08更新

開業をするという事は雇われの身ではなく、個人事業主になるという事です。
この場合には、確定申告も経理についても対応も必要になってきます。

しかし、開業をするとどうしてもこれら税務関連の業務についての時間を取るのは難しい方も多く、
結果的に放置していざという時にてんやわんやになってしまう方もいます。

そのため、開業をする時には税理士に依頼をするという選択を設けるのがおすすめです。
領収書の整理や集計などの経理業務全てに対応してくれる上に、
確定申告期限間際になっても焦る事はなくなります。

また、正確な会計帳簿や確定申告書の作成もできます。
税務上の特例などの活用で節税をする事ができるメリットもあります。

経理担当の従業員が社内にいるのなら良いものの、
そうではないというケースも少なくないものです。

経理担当の従業員を雇うのなら10万円以上の人件費がかかるものの、
税理士と顧問契約を結ぶ場合は、月額数万円程度となります。

ケースバイケースではあるものの、個人事業主の方は、
経理や確定申告業務を税理士に依頼した方がコストを抑える事ができます。
愛知県岡崎市にある当事務所の税理士は専門的な知識と経験があります。

事業を継続して企業運営を視野に入れている考える方や、
さらに事業を大きくしてやっていきたいと考える方は、
まずは当事務所の税理士に一度ご相談ください。

投稿者: 今井真人税理士事務所