2016.02.29更新

起業をしたいと考える方は、
まずは愛知県岡崎市にある当事務所の税理士にご相談ください。
安易に起業をしたいと考え、後に後悔される方も多いのが事実です。
税理士にとってメリットがある起業が目立ってきています。
これは、起業をした場合は、税務申告が複雑となって報酬も大幅にアップするからです。
個人での開業に比べ、
社会的な信用を得られるという点や、
税金が優遇されるといったメリットがあります。
しかし、その分起業をすると会社を維持するコストは高くなります。
その為、一概には起業をする決断が良いという訳ではないということです。

事業拡大や経営管理の強化などのことを言ってくる税理士もいるものの、
いざという時に一切あてにならないのが事実です。
そして、半永久的な顧問契約を強要してくるというケースもあります。
当事務所の税理士はこれらのことを考慮し、
相談者の方にとって良いと思える決断のアドバイスができます。
中には起業をせずに、
個人での開業を選択した方が良いとアドバイスをすることもあります。
節税ができるという点はあるものの、その分コストが高くなり、
実際には起業をしたことが失敗に終わることは多々あります。

投稿者: 今井真人税理士事務所

2016.02.26更新

個人事業としての開業することを考える方は、
まずは愛知県岡崎市にある当事務所の税理士にご相談ください。
資本金が必要なく、会社設立費用も必要ありません。
また、経理事務が簡易であっても問題ないです。
そして、消費税の支払いを2年間延ばすことができて、
2年間は個人事業者として申告できます。
消費税の納付は思っている以上に大きいもので、メリットのある節税方法です。

一方デメリットは、責任が無限責任であるのはもちろん、
報酬が経費になりません。
所得が多いのであれば、法人化が望ましいと言えます。
そして、社会的信用が劣り、
国民健康保険や国民年金に加入する義務もあります。
このように、個人事業として開業するのには、
メリットデメリットがあります。
場合によってはいきなり法人化した方が良いケースもあるものです。
業績や将来性などを加味しての決断をした方が良いでしょう。
当事務所の税理士にご相談していただければ、
適切なアドバイスをすることができます。
一生を左右する大きな決断となるのは間違いありません。
だからこそ、安易な選択は絶対に避けないといけません。
専門家に相談して、適切な選択をすることが、
今後にも大きく影響してきます。

投稿者: 今井真人税理士事務所

2016.02.19更新

何もしていないのに毎月料金が発生するのは無駄なのではないか、
顧問契約を結ぶことによってのメリットが分からないといったことが理由で、
税理士と顧問契約を結ぶことに前向きになれない方もいるはずです。
ただ、税理士と顧問契約を結ぶことでのメリットは存在します。
まず、税務代理や税務書類の作成あるいは税務相談ができます。
そのほかにも、資金調達支援や記帳代行、税金対策においても役立ちます。
何かあるたびに費用が発生する仕組みではなく、
毎月一定の料金となる為、気兼ねなく顧問税理士を呼ぶことができます。
税理士と顧問契約を結ぶということは、より身近な存在になることです。

お客様同士の異業種交流やほかの専門家を紹介することもできます。
そして、多くの経営者の方が鬼門とする税務調査対策もできて、
安心して事業に専念することができるのが大きいです。
経理担当者が社内にいないのであれば、
特に税理士と顧問契約を結ぶメリットがあります。
何かしらの依頼をする機会があるのなら、
トータル的に考えて顧問契約を結んだ方が良い方は多数います。
愛知県岡崎市にある当事務所の税理士にまずはご相談ください。

投稿者: 今井真人税理士事務所

2016.02.12更新

会社設立の決断をされた方の中で、
しっかり経営計画を立てられているでしょうか。
この経営計画は非常に重要になります。
しかし、誰も相談相手がいないという方もいるでしょう。
そうなるとどうすれば良いのかという部分も生まれてくるものです。
そして、会社設立をした後に会社の利益が出ないことや、
決算は黒字なのに会社にはお金がないといった諸問題が発生することもあります。
まずは会社設立時にしっかり経営計画を立てることが大事です。
そして、経営していく中では決算書を元に経営計画を立てるようにしないといけません。

愛知県岡崎市にある当事務所の税理士にご相談していただければ、
まずは経営診断をしていきます。
この経営診断は第三者が客観的に行うことに意味があります。
今後の方向性にも大きく影響してきます。
最初の会社設立時に問題があるのなら、今後に大きく悪影響となってしまいます。
そして、会社を設立して経営をしていく中においても、
軌道修正をしないといけない場面もあるかもしれません。
数多くの会社経営に携わってきた当事務所の税理士が力になる為、
まずはお気軽ご相談ください。

投稿者: 今井真人税理士事務所

2016.02.05更新

この厳しい経済状況が続く中であっても、
起業という大きな決断をされる方もいます。
しかし、起業をするとなると、
書類作成や税務あるいは会計などのことについて対応していかないといけません。
余程専門的な知識を有している方は、話は別であるものの、
多くの方が専門外のことであるのが事実です。
これらのことを税理士に依頼して対応するという方も少なくありません。
当事務所の税理士は数多くの起業された方に携わっており、
何も心配なく任せることができます。

また、起業された方の中には、
資金繰りに頭を悩ませている方も少なくありません。
これから銀行融資が必要であるのなら、
きちんとした経営計画書を作成し、提出することが大切になります。
もちろん、これらのことについても対応することができます。
そして、費用軽減についても適切なアドバイスができる為、
税理士は起業された方の力強い味方になると言えます。

起業をされるということは、
一会社員とは訳が違います。
単に事業のことに精通していれば良いという訳ではなく、
専門外のことにも対応しないといけません。
だからこそ、多くの方が税理士に依頼をして対応しています。

投稿者: 今井真人税理士事務所