2014.09.30更新

税務の手続きは、諸手続きが煩雑になってしまい、
ご自身で適切な手続きを取るには時間がかかってしまうことがございます。

また、顧問契約をしていないと、税務の監査や、
各種会計上の手続き、科目勘定の分類、
損益計算書、確定申告までの書類の作成、
源泉徴収の問題、各種保険の控除、
減価償却費の計算方法など、
税務全般のことでどのような計算方法をしてよいのか、
という点で不利益を被る危険がございます。

そのような税務のことで不利益とならないためにも、
ぜひ当事務所にご相談をされることをお勧めいたします。

税金のことは、全般的に柔軟に対応を進めておりますので、
何かお困りなことがあれば、どのようなことも円滑に対処をいたします。
会計上で不利益を被らないためにも、
ぜひまずはプロの税理士にお任せいただければ、
諸問題について、適切に対処を進めることができます。

税金関連のことについては、全般的にサポートすることが、
顧問契約のメリットにもなりますので、
愛知県岡崎市でも実績のある税理士が多数在籍する、
当事務所にご相談ください。

長期的に税務全般のことをサポートさせていただきますので、
ご依頼主様が不利益にならないよう、
税務上でお困りなことでも何なりとご相談ください。

投稿者: 今井真人税理士事務所

2014.09.26更新

起業の段階では、会社設立までの経費の算入や、
各種手続きの対応など、諸手続きが煩雑になることも珍しくありません。
これらの手続きは、そのまま放置しておくと、
いたずらに時間ばかりが経過してしまうことがあります。

これらの手続きをより簡略化し、
経営に集中するためにも、早めに起業の段階から、
税理士に各種手続きをお任せすることをお勧めいたします。

愛知県岡崎市でも、起業の段階から各種サポート体制が充実している、
当事務所であれば、ご依頼主様にご負担のない形でアドバイスさせていただきます。

税務全般のことは、決まりごとが多く、経費のことや、
減価償却費、接待交際費の決めごとなど、
知らないと税務上損をすることも決して珍しいことではありません。

また、これらの諸手続きの書類が税理士によって作成されていないと、
銀行などの金融機関の信頼も得られないデメリットがございますので、
先を見据えて対応をお考えであれば、
出来る限り早めに各種手続きを完了をさせることをお勧めしております。

税務全般のことで、何かお困りなことや、お手間がかかることがあるなら、
ぜひ早めに当事務所にご相談されることをお勧めいたします。
起業から少し時間が経過してもサポートいたしますので、
ご安心ください。

投稿者: 今井真人税理士事務所

2014.09.19更新

起業をするかたが増加していますが、事業のことだけでなく、
税金を初めとしたお金ことに詳しいかたが身近にいないと、
損をしてしまうケースがあります。
どのようなスタイルで起業をするかによっても、
税金を納める額は変わります。
できるだけ起業をする前に専門家に相談をしておくのがベストであり、
起業をしてからだと対応できることが少なくなってしまうので、
覚えておいてください。

起業をしたら、できるだけ節税をしたいと考えるのが普通であり、
節税は専門家に適切な方法を聞かないといけません。
以前は大丈夫だった節税の方法も、法律が改正されたことにより、
できなくなってしまうケースがあります。
その結果節税をし続けてしまうと、
後の大変なことになってしまう恐れがあります。
お金に関する専門的な知識があるかたでも、
法律が改正されたということを知らないといけないので、
専門家に依頼をしたほうが無難です。

専門家は事業に関する的確なアドバイスもすることができます。
働いているかたの目線と外から見ているかたの目線は違い、
思いがけない良いヒントを与えてくれるケースもあります。
専門家に依頼をすることでさまざまなメリットがあるので、
ぜひ、利用してください。

投稿者: 今井真人税理士事務所

2014.09.12更新

会社を経営されているかたが事業のことはスペシャリストでも、
税金を初めとしたお金のことがまったくわからないというケースは非常に多く、
わからないことがあるたびに、専門家に依頼をしているかたがいます。
顧問契約をすると、月額制となっており、
わからないことがあった時に何回でも来てもらうことができ、
毎回来てもらっているかたよりもお得です。
身近にお金全般に関して詳しいかたがいない場合は、
特に税理士と顧問契約を結んだほうが良いです。

税理士と顧問契約をして後悔をしてしまうケースが、
節税に関して何も教えてくれないかたが担当になった時です。
節税ができるかどうかは会社を経営する上で重要な問題であり、
会社を経営しているかたが節税に成功すると、
非常に助かると思います。
どの税理士が担当になるかは非常に大事なことですので、
相談をした段階で節税のことを話した時に、
積極的に話してくれないかたでしたら、
ほかの税理士を探したほうがいいでしょう。

税理士と顧問契約を結ぶと色々なメリットがあります。
困った時に力になってくれる上に、
税理士の視点から会社の経営方針が合っているかどうかもチェックしてくれるので、
会社の経営の際にも役立ちます。

投稿者: 今井真人税理士事務所

2014.09.05更新

会社を設立する時には、各行政機関に対しての届け出をしないといけません。
詳しいかたが身近にいれば、スムーズにおこなうことができますが、
あまり知らないというかたのほうが多いので、
専門家の税理士に依頼をすれば、手続き等をスムーズにおこなってくれるので、
安心して会社を設立できます。

事業開始時の会計の指導もおこなってくれます。
また、決算申告もおこなってくれるので、
お金関連のことで困った時は、税理士に依頼をすれば、
事業に専念ができるので、多くの経営者が税理士に依頼をしています。
人手がいなくて、帳簿のほうまで手が回らないというかたも、
税理士に依頼をしているかたが多いです。
帳簿をしっかりまとめておかないと、
いざお金関連で知りたいことがあっても知ることができず、
重大な問題に発展してしまうケースもあります。
お金の管理をしっかりするということは、
会社の経営で非常に重要なことですので、
覚えておいてください。

税理士に依頼をしたことがないかたは、
まずは相談をしてみてください。
相談料がかからないところがほとんどであり、
どういったことまでおこなってくれるのかを知ることにより、
良い税理士と巡り合える可能性がアップします。

投稿者: 今井真人税理士事務所