2014.08.29更新

会社設立に関する手続きは、
書類上の手続きが多くなる傾向にあり、
どうしても時間がかかってしまう、
対応が煩雑になってしまうため、
会社設立時で様々な準備をしなければならないときには、
どうしても後に回されてしまい、
仕事が溜まってしまうことがございます。

税務関係の科目勘定を分類する、
減価償却などを計算する、などさまざまな諸手続きは、
どうしてもお時間がかかってしまうことが少なくありません。

それらの諸手続きに関しては、
出来る限り早めに手続きを完了させてしまうことで、
事業に対する円滑化や、金融機関に対する信用力を生みだす結果になります。

事業に対して、正しい認識や理解を得るためには、
状況を正確に判断して、諸手続きで不利益を被らないようにしなければなりません。

どうしても、各種手続きで不備が発生してしまい、
のちに追徴課税や、税制上の優遇を受けられない、
などのトラブルが発生してしまうことがございます。

愛知県岡崎市の当事務所の税理士であれば、
それらの諸問題が発生しないように、
会社設立の段階から税務全般について、
完全なサポート体制でご協力させていただきます。

もし、税務上のことで、何かご不安があることや、
税務の諸問題でご相談されたいことがあればなんなりとお申し付けください。

投稿者: 今井真人税理士事務所

2014.08.22更新

会社を開業する際には、
税金を初めとしたお金のことに詳しいかたがいればいいのですが、
社内でいないケースのほうが圧倒的に多いです。
そのような時には税理士に依頼をするかたが多く、
税理士に依頼をすればお金の問題はすべてお任せすることができ、
安心して事業に専念することができます。

できれば会社を設立する前に税理士に相談するのがいいでしょう。
会社を開業する際にはメリットとデメリットがあります。
メリットは、金融機関からの融資が受けやすい、
経費として認められる範囲が広くなる、
赤字の場合の繰越欠損金が9年間繰り越せるなどです。
デメリットは社会保険の加入が義務となる、
事業負担が増加する、赤字の場合でも税金を納める必要があるなどです。
メリットとデメリットを加味した上で会社を開業するかを決めるのが一番です。
会社を開業したかたの中には、会社を開業せずに、
個人でお仕事をしておけば良かったというかたもいますので、
会社を開業するかどうか迷っているかたは、
税理士に相談をしてみてください。
的確なアドバイスを受けることができ、
実際に会社を開業した時に役立ちます。

投稿者: 今井真人税理士事務所

2014.08.18更新

事業を開業する、となると各種経費の計算が大変なものです。
手続きだけでも煩雑になってしまい、手間がかかります。

これらの手続きに関しては、そのまま放置しておくと、
余計に負担がかかってしまうこともございます。

出来る限り早い段階で、「的確な手続き」を進めることが望ましいでしょう。
もし、何か不安要素や手続きが煩雑になってしまう、
などでお困りなことがあれば、早めに専門の税理士にお任せいただくのが安心です。

事業関係のことになると、特に開業の段階では、
営業や人事、各種手続きなど煩雑になってしまうため、
さまざまな点で時間がかかってしまうことが珍しくありません。

税務のことでどのような手続きが必要になるのか、
臨機応変に対応をしなければ不利益を被る可能性がございます。

もし、早めに手続きをお考えの方は、ぜひ当事務所にご相談ください。
迅速にお手続きを進めさせていただき、緒手間をかけません。

税務について、何かご不安なことがある、
ご自分で手続きをするのが難しいとお考えな方は、早めの対応をお勧めいたします。
全般に関して、柔軟にご対応をさせていただくご用意がございます。

当事務所は愛知県岡崎市でも実績がある税理士が揃っておりますので、
開業からの申告などはすべてお任せください。

投稿者: 今井真人税理士事務所

2014.08.08更新

会社を経営する際には税金を初めとしたお金の問題が多々あります。
税金は会社を経営されているかたにとって非常に大きな問題であり、
頭を悩ませている問題だと思います。税理士と顧問契約を結べば、
きちんと税金を納めた上で、節税をすることができ、
経済的な負担が軽くなります。
また、会社の業績が悪くなり、相談したいことがある際は、
的確なアドバイスをすることができます。

顧問契約を結んでない場合は、依頼をするたびにお金がかかってしまい、
大きな経済的な負担となってしまいます。顧問契約を結んでいる場合は、
何回呼んでもかかるお金は一緒ですので、何かあった時は気軽に呼ぶことができます。
特に会社を設立した時は、
事業に専念するために税理士の力に頼りたい時は多いと思います。
さまざまな書類のチェックをする時間がないかたは、
税理士に依頼すると安心であり、
事業に専念することができます。

顧問契約を結んで損をするのではないかと思っているかたもいると思いますが、
法律やお金に関する専門的な知識があるかたがいないと、
ちょっとしたことでも税理士に依頼をしなくてはいけないので、
余計にお金がかかってしまいます。

投稿者: 今井真人税理士事務所

2014.08.04更新

会社を設立する際にメリットの多い方式で起業したい、
決算期をいつに設定していいのかわからない、
開業に必要な手続きをどうすればいいのかわからないといったかたが多いです。
また、面倒な書類の提出もあり、お時間がないかたにとっては、
由々しき問題だと思います。
専門家である税理士に依頼をすれば、
面倒な書類の提出をすべておこなってくれるとともに、
ご自身の希望する起業の仕方でスムーズに起業することができます。

無料で相談できるところが多々あるので、
まずは相談してみるところから初めてみてください。
わからないことをご自身が対処するよりも、
専門家に任せたほうがスムーズだと思います。

会社を設立した後にも税金という問題があります。
会社を経営しているかたの誰しもが税金を少なくしたと考えており、
税金対策をおこなっています。ご自身一人で税金対策をすると、
法律的に問題があるケースがあります。
専門家に依頼すれば、きちんと税金を納めた上で節税をすることができるので、
会社を経営しているかたの多くが税理士に依頼をしています。
何かトラブルになることがないかということもチェックしてくれるので、
お金に関する専門知識がないかたは、税理士に依頼するのが一番です。

投稿者: 今井真人税理士事務所