2013.10.29更新

法人を設立されて、収益があると当然ながら
法人税の問題が発生します。
個人事業主の場合と違い、法人になると、さまざまな
税金の対象となり、また、経費に算入できるかどうか、ということが
非常に難しくなってしまいます。

会社の創立期であれば、そのようなときにさまざまな手続きが
必要になってしまいますが、その段階で煩わしい書類などに
追われてしまうようになると、非常に精神的に負担になってしまうことは
決して珍しいことではございません。

愛知県岡崎市でも会社の税務全般について詳しい当事務所であれば、
ご依頼主様のご負担にならない形でサポートさせていただくことを
お約束いたしますので、なんなりとご相談いただければと思います。

顧問契約いただければ、毎年の決算のときの税務全般のことはもちろんこと、
会社で発生するさまざまな経費に対して、税制上どのような優遇や問題があるか、
ということをアドバイスさせていただきます。

税制は、政府の方針で変更されることもあり、経費に算入できる方法も
変更になることがございますが、当事務所では臨機応変に対応させていただいて
おりますので、ぜひご相談ください。

どのような税務に関するご要望もきっちりと対応させていただくことを
お約束いたします。

投稿者: 今井真人税理士事務所

2013.10.24更新

起業したときには、さまざまな税金の問題が発生することが
ございますが、開業届から開業資金の経費算入できる
割合の計算などの書類整理や計算は非常に煩雑になることが多く、
税務の知識がない方では大きな負担になってしまうことがあります。

特に、個人で事業をされていた「個人事業主」の方から、企業を設立させる
「法人なり」の方の場合には、経費として計上できる費用や売上の問題、
代表者様の所得の経常など、役員報酬の問題など、さまざまな
手続き上の問題が発生することは珍しくありません。

そのような手続きのときに不備が発生してしまうと、のちに
税務上で追徴課税などの不利益を被ることがあります。
また、個人でこれらの手続きをすべて網羅しようと思うと、
税理士に任せる費用以上に負担が大きくなってしまうこともございます。

愛知県岡崎市でも実績がある当事務所であれば、
税務のことであれば、全般的に対応しておりますので、なんなりと
ご希望をお伝えいただければ迅速に対処することをお約束いたします。

開業の段階から税務のことを全般的にサポートさせていただきますので、
なんなりとご要望をお伝えいただければ、ご依頼主様の利益になるように、
各種手続きを遂行させていただきます。

投稿者: 今井真人税理士事務所

2013.10.17更新

会社設立のことは、さまざまな手間や負担が
発生してしまうため、つい税務のことが
なおざりになってしまうことが珍しくありません。

とくに個人事業主から法人に切り替えるときには、
資本金の算入のほかにも、減価償却が出来る資産の
計上など手続きが煩雑になってしまうことも
珍しいことではありません。

そのような手続き上の不備を出来る限り減らすためにも、
愛知県岡崎市で実績がある当事務所にご相談いただければ、
出来る限りご依頼主様のご希望に添えるように
ご対応させていただくことをお約束いたします。

税金のことは、出来る限り円滑に対応することで、
節税にもつながりますし、銀行などの金融機関から
融資を受けるときにも有利に働くことになります。

これらの手続きは、出来る限り早い段階で対応しておく方が、
面倒なこともないので、安心して対応することができます。

税務のことで、何か対応が必要になるときは、
事前にご相談いただけると煩わしいこともなく、
会社の事業に集中することが出来るはずです。

当事務所では、会社を設立された方のために、
全力で会計、税務などの手続きをサポートさせて
いただきますので、なんなりとご相談ください。

投稿者: 今井真人税理士事務所

2013.10.10更新

起業をするときには、手続きが煩雑になってしまい、
税務の手続きが疎かになってしまうことがあります。

個人事業主から法人に転換する「法人なり」の場合には、
様々な手続きが疎かになってしまうこともあるので、
出来る限り早期に対応することが望ましいといえます。

資本金の決定は非常に重要です。
また、各種減価償却されるべき経費などは、出来る限り
正確に算入していかなければ、
税法上で不利益を受けることもあります。

そのような状況は決して望ましい事では無いので、
愛知県岡崎市の税理士でも実績がある、当事務所に
ぜひお任せくだされば、ご依頼主様が税務でご負担がかからないように、
全力でサポートさせていただきます。

起業のときには、新たに事業を開始するために、
初期費用としてさまざまな機材や初期投資行うことがあり、
それらがどのように経費算入されているのか、
手続き上のことを知らないままにしておくと、
のちに経費として認められないこともあります。

もし、税務に対して全く知識がないと、確定申告のときに、煩雑な
手続きに追われてしまうことにもなりかねないので、
ぜひ、税務の事はどのような事でもお気軽にご相談ください。

投稿者: 今井真人税理士事務所

2013.10.04更新

税務のことは、開業後に
税務署に開業届を届けたり、
減価償却しなければならない、
資産や売掛金を確認するなど、業務が煩雑になります。

事業を開業した企業や個人事業主様は
さまざまな手続きで煩雑になっているときなので、
税務の手続きや、領収書の整理、
経費の精算などがおろそかになってしまうことがあります。

正しい、確定申告をしなければ、税務上、
不利益をこうむることも珍しくなく、
また、開業から各種書類を用意していないため、
後でさかのぼって書類をすべてそろえるのが非常に
労力のいることになってしまうことも珍しくありません。

開業からの記録をきっちりと残しておくことで、
銀行など金融機関から融資を受けるときも、
高い信用力となるので、損益計算書や決算書は
正しく記録しておくことが望ましいといえます。

当事務所では、開業から税務全般について、全般的に
サポートいたしますので、愛知県岡崎市で、企業を立ち上げる、
個人事業主として開業するご予定のある方は、
ぜひ一度ご相談ください。

税務に関することは、手続きが遅れてしまうと、
追徴課税などの対象になることもあるので、そのような
不利益を被る前に対策をしておくことが大切です。
開業から何も手続きしていない方も、まだ遅くはありません。
ぜひ、一度、ご相談ください。

投稿者: 今井真人税理士事務所