2017.01.30更新

税理士と顧問契約を結ぶ意味は非常に大きいです。
単発で税理士に依頼した場合と比べるとその差は明確です。

顧問契約を結ぶと、何か依頼したい事がある時にすぐに駆けつけてくれます。
そして会社の内情も考慮しての対応ができるのも大きなポイントになります。

これが単発で税理士に依頼するとなると、
どうしても顧問契約を結んでいる方を優先しないといけなくなり、
依頼したいと思う時に依頼できないケースもあります。

そして会社の内情を把握するところからスタートしないといけないため、
対応できる範囲も狭まってしまいます。

また、単発で税理士に依頼するとその都度費用がかかるものの、
顧問契約を結んでおけば月額料金となるため、
その都度の料金は気にする必要はありません。

特に税理士に何かを依頼する事が多いと予想されている方は、
顧問契約を結んだ方がメリットは大きいです。

税理士と顧問契約を結ぶという事は良きパートナーとなるという事です。
会社の内情を正確に把握し、その上で会社を経営していくために、
どういった改善点があるのかもアドバイスできるようになります。

もちろん、税務関係に対しての対応は万全であり、
何も心配する事なく事業に専念できます。

一概に税理士と顧問契約を結ぶべきとはいえません。
それぞれの立場を考慮し、税理士と顧問契約を結ぶべきかどうかを考えるべきです。

投稿者: 今井真人税理士事務所