2017.01.19更新

儲けるためのアイディアやノウハウがあっても、
その前に当然会社を起業しないといけません。

しかし、多くの起業した先人達は正しい起業のノウハウを知らず、
勢いや思いつきで事業をスタートしています。

そして後に知らなかった制度や助成金があった事を知って後悔しており、
起業する段階で幅広い知識を有しての対応が肝心となります。

そして起業をするにしても必要な手続きとは何か、
開業資金の融資はどうすれば受けられるのか、
開業した時のPRや店舗を借りるか建てるかといった問題もあります。

一口に起業するといっても、その方法は様々です。
人それぞれ正解の形は異なるからこそ、
適している正解の形を見つける事からスタートしないといけません。

しかし、全くの専門外である方が大半で、
何から始めれば良いのかと頭を悩ませている方も少なくないでしょう。

専門家である税理士に依頼すればスムーズに対応ができて、
正解の形を見つける事もできます。

起業される方の大半は全てご自身で対応するのではなく、
税理士に依頼しての対応をしているのが事実です。

起業するのはご自身だけでもできない事ではないものの、
後になって後悔してしまうケースも少なくないものです。

起業についての全てを依頼するかどうかは別として、
まずは税理士に相談してからどうするか考えても決して遅くはないはずです。

投稿者: 今井真人税理士事務所