2016.12.22更新

起業しようと思う方の大半は税理士の力が必要になります。
法人組織の場合は年に一度の確定申告や決算があり、
個人事業主でも年に一度の確定申告をしないといけません。

これらについて当然適切でスムーズな対応ができるのが税理士であり、
さらに節税や税金対策についての対応もできます。

また、金融機関からの融資などの資金繰りや税務調査対応も問題ありません。
やはり特に経営者の方が気になる点としては節税や税金対策でしょう。

支払う税金を最低限に抑えるために税理士に依頼し、
そして法律を違反しないように調整してもらえます。

税理士からの節税や税金対策についての適切なアドバイスや、
コンサルティングは会社経営にとって非常に重要になります。

節税や税金対策はそれぞれの会社にとって適している方法を選択しないといけません。
しかし、具体的にどのようにすれば良いのかと思う方も当然いるでしょう。
専門家である税理士に依頼すれば万事解決です。

そして多くの経営者の方が恐れる税務調査も、
税理士を通して対応する事によって追加徴税を減額する事が可能です。
もちろん、税務調査が来る事を見越して適切な対応もできます。

どういった規模にしても起業をするにあたって税理士の必要性は高く、
特に社内に税務関係に対応できる方がいないとなると、
税理士をパートナーとして会社経営をしていくのが良いでしょう。

投稿者: 今井真人税理士事務所