顧問契約について

顧問契約とは

税理士は、多種多様な税金に関しての相談や書類作成、手続きの代行等を行う税務に関する専門家です。
また、財務数値に基づいて企業の財務診断や経営分析を行い、経営コンサルタントとしての役割も近年求められてきております。
税理士と顧問契約をすることにより、その時々に適した税務に関する助言や経営分析・財務診断等、会社を経営していく上で非常に有益な情報提供を致します。

主な業務内容

月次会計業務

会計処理の監査業務を致します。月次試算表の監査を行った後にその資料に基づいて、キャッシュフロー計算書・経営分析表・試算表等の作成及び提供を致します。

決算業務・申告手続き

節税するための情報提供や、その成果が御社の資金繰りに与える影響等も解説致します。適切な会社としての会計業務を行い、銀行等の金融機関からの借入を見据えた決算書及び適正な申告書の作成を致します。

経営相談・支援

決算書の分析をし、同業他社との比較など御社の特徴または欠点等を明確にさせ、今後の経営に活用していきます。現状把握をし、経営者が考える方針に基づき、次年度の計画書の作成・立案いたします

年末調整・その他付随業務

年末調整または会社の役員や従業員の年末調整額の計算、・源泉徴収票および源泉徴収簿の作成、個人住民税用の資料となる給与支払報告書の作成・提出を致します。